テーマ:絵日記

鬼太郎と一緒に

深大寺の参道の入り口に水木しげる先生公認の鬼太郎茶屋がありキャラクターと一緒に写真を撮れます。 それをもとにアズキが描いた絵日記です。夏休みが終わっても、運動会とか七五三とか、ときどき絵日記をつけています。自主的に好きな様に描いているので、だんだん表現力も増してきたようです。 クリスマスカード、年賀状なども 描いています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵日記親子対決

昨日の私の絵日記が5歳7か月、こちらのアズキの絵日記は5歳9か月、 後者にはかなり親の指導が入ってはいますが、 この2点で比べれば明らかに娘に軍配があがりそうです。  もっとも普段はもっと普通の(数日前の絵手紙のように) 女の子っぽい絵を描きます。 もっと自由に好きなように描いてもらうようにしなくては。 この展覧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲か嵐か稲妻か

お待たせいたしました。(待ってないっての) ナショナル・キッドさんの登場です。 1960年12月の絵日記です。 このあと 何度も絵日記に出てきます。 しまいには「あさってのつぎのひはナショナルキッドをやります。まちきれません。」 などと書いています。 木曜日の夜放送で、そのあと「小天狗小太郎」「少年探偵団」も毎週見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

48年前の絵日記!!

6月30日に、こういうものがあるので押し入れから引っ張り出すと宣言した絵日記が本日、リュックサックを探しているうちに出てまいりました。 1960年8月19日金曜日、東映動画「西遊記」を鑑賞した記録を5歳の私が描いたものです。映画の記憶だけで描いたので、まあこんなものでしょうか。もうちょっとマシだったような気もしたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ところで

ところで 私自身、親から絵本や童話の読み聞かせをしてもらったかどうか、という肝心な記憶がこれまたないのです。おそらく皆無ということはないと思いますし、親以外の大人や姉達が読んでくれたこともあったに違いないのですが、育児や教育の観点からの読み聞かせの重要性が、今と比べれば殆ど指摘されていない時代だったと思います。 それと私自身読み書きを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more