テーマ:子供

マドレーヌちゃんの秘密

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)福音館書店 ルドウィッヒ・ベーメルマンス ユーザレビュー:私も子供も大好きです ...おもいやり育つ絵本盲 ...世界にはいろんな言葉 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ あけまして おめでとうございます。 昨年のクリスマス、アズキがサンタさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼太郎と一緒に

深大寺の参道の入り口に水木しげる先生公認の鬼太郎茶屋がありキャラクターと一緒に写真を撮れます。 それをもとにアズキが描いた絵日記です。夏休みが終わっても、運動会とか七五三とか、ときどき絵日記をつけています。自主的に好きな様に描いているので、だんだん表現力も増してきたようです。 クリスマスカード、年賀状なども 描いています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油彩画の醍醐味

今週もアルベール・アンカーの作品を鑑賞します。 1884年「編み物をする少女」です。先週に引き続いて編み物です。 得意のモチーフ、得意のテーマ、得意のポーズで極めた文句なしの1枚といったところでしょうか。 油彩画ならではの醍醐味が感じられる作品です。 少女の横顔(プロフィール)をこれだけ見事に捉えるのは なかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七五三は忍!

おととい、アズキはかぞえ7歳の七五三の写真撮影とお宮参りをしました。 川崎市にある、合格率の高い証明写真で有名なこの写真館、予約したのが2日前で(何をやらしても遅めの我が家!) しかも当日は大安吉日、待たされるのは覚悟の上でしたが、予想外だったのが待ち合い室にいたのは七五三の家族ばかりではないという事でした。 結婚式の一族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠る少女

アルベール・アンカー 1900年頃の作品「木のベンチで眠る少女」です。 麦わら帽子の中の花(紫陽花でしょうか)を枝ごと数本切ってきて、疲れて眠ってしまったといったところでしょうか。本当にそういう場面に遭遇してスケッチしたのか、そういう設定で村の子どもにポーズさせたのかは、不明ですが、アンカーは写真を使わず、スケッチや丹念な素描から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スープを飲む少女

アルベール・アンカー1898年の作品です。この3年後の1901年に70歳のアンカーは卒中の発作をおこし、右手が不随になってしまいます。 1910年に他界するまで、油彩画はたった2枚しか仕上げる事ができなかったそうです。 しかし、水彩画は年間100枚あまり手掛けているといいます。 子ども(及び、老人)を観察し、描き続ける事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人と子ども

「おじいさんと二人の孫」アルベール・アンカー1881年の作品です。 老人と少女と赤ん坊、暗い背景から浮かび上がる三人の命、 生まれてまもない命、ようやく物心つき始めた命、もうじき去って行く命 そしてお互いを慈しむ優しさ。これ以上何も語る必要のない真っ向勝負の1枚です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きつねとうさぎ

きつねとうさぎ―ロシアの昔話 (世界傑作絵本シリーズ)福音館書店 フランチェスカ ヤールブソワ ユーザレビュー:パッチリお目目が忘れ ...開いて壁にかざりたい ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 先日 アズキは6歳になりました。 誕生日に2冊の絵本を買ってあげました。これは その1冊です。 ユーリー・ノルシュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサリに見えた

みんなのかお福音館書店 戸田 杏子 ユーザレビュー:動物園に行きたくなる ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 昨日、予告した「みんなのかお」は、こんな絵本、表紙はウオンバット君です。 目次の次、トップバッターはゴリラの顔です。 イケメン・ゴリラ、オッサン・ゴリラ、ジーサン・ゴリラ、オバハン・ゴリラ、ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなちがってみんないい

みんなおなじでもみんなちがう (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)福音館書店 奥井 一満 ユーザレビュー:みんなおなじでもみん ...同質の中の異質「みん ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ まず、表紙を見て下さい。アサリがずらっと並んでいます。でも同じ模様はありません。 ヒマワリの種、ウズラの卵ショウガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「子どもの文化」と「子ども向け文化」

9月27日の記事に続き、「幼児期」岡本夏木 著から引っ張ります。 昭和17年、柳田國男は「小さき者の声」の冒頭でこう言っています。 「小児が持って生まれ、又は携えて学校に入って来る或るものを、もう少し大切にしなければならぬ。」 子どもの遊びというものは、本来おとなの管理と干渉を離れたところで成立し、子ども自身の特性が、もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走れ!アズキ

昨日は、幼稚園の運動会でした。 アズキはクラス対抗リレー4番目の走者でした。 嬉しそうにニコニコしながらバトンを持って走りました。 教えた通り、手を大きく振って膝も高くあげてガンバレガンバレ、結構、速い、速い!! 一人抜いた、やった~~! 結果を発表します。アズキのクラスは6チーム中、堂々第六位!! チャンチャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆きや痛みを感じる前の子供

この絵のタイトルは「おともだち」1862年の作品です。 アンカーは1831年にスイスのインスに生まれました。 1854年に美術の勉強のためにパリにやってきてからも、生涯、夏の間はインスで過ごし、殆どの作品は 故郷でつつましくも満ち足りた心で暮らす人々がモチーフになっています。 まだ嘆きや痛みといった深い傷を心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2回も走るの?

もうじき、アズキの幼稚園の運動会です。 リレーで全員走るのですが、一番速い子が2回走る事になったとかで、誰がその大役を引受けるか検討中だったそうなのです。 でも、きょうになってアズキはその役に任命されなかった事が判明しました。 本人はほっとしたような、ちょっと残念だったような複雑な表情です。 もともと積極的にガンガン前に出るタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらくスタイグにはまりそう

ゆうかんなアイリーンセーラー出版 ウィリアム スタイグ ユーザレビュー:真の「勇敢さ」とは? ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ウィリアム・スタイグの絵本に最初にであったのは20年ほど前だったでしょうか? クレヨンハウスで「ものゆうほね」を衝動買いしたのが初めです。 その後、「ぶたの名歌手ローラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトルマーメイド3は百年目!

リトル・マーメイドIII/はじまりの物語 (期間限定)ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2008-09-26 ユーザレビュー:「リトル・マーメイド ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 試写会が当たったのでアズキと2人でリトルマーメイド3はじまりの物語を観に行きました。 会場は国際展示場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しつけの糸ははずすためにある

幼児期―子どもは世界をどうつかむか (岩波新書 新赤版 (949))岩波書店 岡本 夏木 ユーザレビュー:教師をめざしている方 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ この本をじっくりと読んでいます。理屈っぽいところもあってゆっくり読まないとよく解らないせいもありますが、こんな事が書いてあります。 「しつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グッガー姉妹

ローザ&ベルタ・グッガー  1883年作 先週に引き続きアルベール・アンカーの 「子どもを描く」作品を鑑賞します。 先週のモデルも同じ人物(姉のベルタ)だと思われます。 暗い背景から浮かび上がる金髪とプロフィールという描き方も 同じです。前回は髪を編む事、この作では読書にですが いずれも何かに熱中している少女の横顔です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちっちゃいものクラブ

私がアメリカの60年代ポップス日本語版を浴びるほど 聴いて育ったという話をしました。 今、娘のアズキは何を聴いているかといいますと おもにNHK教育テレビの番組(アナログ!!)で朝と夕方に流れる曲です。 お気に入りは「忍玉乱太郎」のオープニング曲 「やありたいこと やったもんがち 青春ならあ・・・・」 っていう奴と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浴びる様に聴いて育った

漣健児(さざなみ・けんじ)という人を知っていますか? http://www.shinko-music.co.jp/sazanami/profile.html 名前を知らなくても、この人の音楽に触れずに昭和30年代を生きた人は いないでしょう。 おとといの永六輔特集に続いて、きょうはサザナミケンジ・コレクションを 聴きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more