テーマ:絵本

マドレーヌちゃんの秘密

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)福音館書店 ルドウィッヒ・ベーメルマンス ユーザレビュー:私も子供も大好きです ...おもいやり育つ絵本盲 ...世界にはいろんな言葉 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ あけまして おめでとうございます。 昨年のクリスマス、アズキがサンタさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら色のメッセージ

エリカ 奇跡のいのち講談社 ルース・バンダー ジー ユーザレビュー:歴史は繰り返す…冒頭 ...リアリティの重さ今ま ...「生」にむかって。第 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 正方形に近い表紙全体が、寒々としたモノトーンのリアルなイラストで埋められています。ヘルメットとコートの後ろ姿で銃を肩にかけた兵隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こいつ早稲田

リリアン小学館 山田 太一 ユーザレビュー:味わい深い短編映画の ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 黒井健氏のパステル画による見開きがドーンと目に飛び込んでくる。 「浅草だ! エノケン、ロッパの浅草だ!」  60年以上昔、浅草六区の表通りを少し入ったところにあった大衆食堂、「私はその店の子どもで六歳でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きつねとうさぎ

きつねとうさぎ―ロシアの昔話 (世界傑作絵本シリーズ)福音館書店 フランチェスカ ヤールブソワ ユーザレビュー:パッチリお目目が忘れ ...開いて壁にかざりたい ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 先日 アズキは6歳になりました。 誕生日に2冊の絵本を買ってあげました。これは その1冊です。 ユーリー・ノルシュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサリに見えた

みんなのかお福音館書店 戸田 杏子 ユーザレビュー:動物園に行きたくなる ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 昨日、予告した「みんなのかお」は、こんな絵本、表紙はウオンバット君です。 目次の次、トップバッターはゴリラの顔です。 イケメン・ゴリラ、オッサン・ゴリラ、ジーサン・ゴリラ、オバハン・ゴリラ、ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなちがってみんないい

みんなおなじでもみんなちがう (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)福音館書店 奥井 一満 ユーザレビュー:みんなおなじでもみん ...同質の中の異質「みん ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ まず、表紙を見て下さい。アサリがずらっと並んでいます。でも同じ模様はありません。 ヒマワリの種、ウズラの卵ショウガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みんな ぼうしをかぶってた

みんなぼうしをかぶってたセーラー出版 ウィリアム スタイグ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 昨日、念願のウィリアム・スタイグの最後の絵本「みんな ぼうしをかぶってた」をアズキと一緒に読みました。 1916年、オーストリア系の移民の子としてニューヨークに生まれたスタイグが、下町ブロンクスで過ごした少年時代を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらくスタイグにはまりそう

ゆうかんなアイリーンセーラー出版 ウィリアム スタイグ ユーザレビュー:真の「勇敢さ」とは? ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ウィリアム・スタイグの絵本に最初にであったのは20年ほど前だったでしょうか? クレヨンハウスで「ものゆうほね」を衝動買いしたのが初めです。 その後、「ぶたの名歌手ローラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読み聞かせの喜び

まあ、そんなわけで 私自身はそれほど親から読み聞かせをしてもらっったという記憶もないし、テレビも好き勝手に見て育った人間です。もっとも見始めたのは4歳くらいからで、創成期の牧歌的な手作り感の強いテレビ番組ですが。 「わたしの絵本論」松居 直著 という1981年に出た本が今、手元にあります。親が子どもに肉声で絵本を読んでやる事の大切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more